MENU

亀頭包皮炎の検査方法

 

亀頭包皮炎は、亀頭や包皮に小さい傷ができると雑菌が繁殖して、陰茎が赤くただれたり、痛みを感じることが多いです。
包茎の人が罹りやすい病気で、女性との性行為の時にカンジダ菌などに感染して発症することもあります。
大人の場合は、治りにくく、再発がしやすい傾向があります。
亀頭包皮炎は病院で診察を受けると、特別な検査を受けることは少なく、医師による視診で判断されることが多いです。
治りにくく、再発を繰り返す場合は、皮膚を採取して培養検査を行ったり、顕微鏡による検査を受けることもあります。
治療は抗生剤を処方してくれるので、症状が改善するまで根気よく続けることが大切です。
亀頭や包皮に垢が溜まると、炎症を起こしやすいため、入浴時に丁寧に洗うようにして、清潔を保つことが大切です。
亀頭包皮炎は、誰でも罹る可能性のある病気なので、気になる症状が見られたら、病院で診察を受けることが大切です。
女性との性行為を持つ時は、自分自身の体を守るために、コンドームは必ず装着するようにしたいものです。
亀頭包皮炎に罹ってしまった時は、充分な休息や睡眠を心掛けるようにして、安静を心掛けるようにしましょう。
きちんと治療を受けることで、辛い症状を緩和できます。

治療に使う抗生剤が原因でカンジダを発症

喉のひどい炎症で抗生剤を飲むことになったのですが、抗生剤を飲み始めてすぐにカンジダになってしまいました。
これが初めてというわけではないので、症状が出てすぐにカンジダだと気付いたのです。
そのあと心配になって抗生剤を出してもらった医師に相談したのですが、喉の炎症を治すことが優先だと言われ、2週間分の薬は全部飲むようにと言われました。
ちなみにカンジダは抗生剤を飲むと感染しやすくなります。
なので2週間抗生剤を飲み続けている間は、恐らく痒みやオリモノ異常などの症状は改善しないでしょう。
2週間我慢してそのあと治療を始めると言うのはつらいです。
炎症を治す抗生剤で発症するなんて厄介すぎますね…。

 

 

亀頭包皮炎とストレスの関係

 

亀頭包皮炎になる可能性が高くなる要因としてストレスがあります。
ストレスが多い状態だと、抵抗力が低くなり細菌などが繁殖しやすくなります。
亀頭包皮炎になると一般的に治るまでに時間がかかると言われます。
現代であれば、毎日のようにストレスがあり抵抗力が落ちやすい環境にあります。
抵抗力が落ちているということは、それだけ亀頭包皮炎の原因になる細菌などが増えやすくまた減りにくい状態にあります。
治るまでに時間がかかってしまうので、出来る限り亀頭部を清潔に保つ必要があります。
手についている雑菌が、移ってしまうこともありますので手を清潔にすることを忘れてはいけません。
また仮性包茎の人だと、亀頭部が普段から露出していないので細菌が増えやすい環境にあります。だからといって、亀頭部を擦るように洗ってはいけません。
傷がついてしまいさらに悪化させる要因になりかねません。
かゆみの症状が出てきた時も、強くかいてはいけません。
清潔に保つためには、優しく丁寧に洗いなおかつきちんと睡眠をとることです。
イライラすることが多い、寝不足が続いているとさらに悪化させてしまう可能性が高いです。
一度ゆっくり休み、気持ちを落ち着かせることが必要になります。