亀頭包皮炎

MENU

亀頭包皮炎の原因は雑菌だった?

 

亀頭包皮炎は亀頭部分と包皮部分の間に垢や尿が溜まり雑菌が増殖することによって発症します。雑菌には細菌性のものとカンジダ性のものに分けられどちらが原因に成ったかで治療に使う薬が異なります。亀頭包皮炎は大人も発症しますが子どもにも多い病気です。赤ちゃんの場合はおむつが蒸れる事によって最近が増殖し発症します。子どもの頃は性器の先端に皮が覆いかぶさっている状態となります。いわゆる「包茎」の状態なので雑菌が溜まりやすく亀頭包皮炎を発症しやすくなっています。さらに小さい子どもは無意識のうちに性器を触ってしまう事が多く、外出した後の汚れている手で触る事によって細菌が増殖し発症する原因となります。男性が亀頭包皮炎を発症する原因としては、極端に不潔にしていた場合、性器を洗い過ぎた場合、免疫力・抵抗力が低下している場合、抗生物質・ステロイド剤の使用、性行為などが挙げられます。性器の周りには常在菌が覆っており、細菌とカンジダ菌な度がお互いにバランスを取って存在しています。しかし、このバランスが崩れることによって細菌またはカンジダ菌が異常繁殖し亀頭包皮炎を発症します。このように細菌やカンジダ菌が繁殖する事によって発症する病気となります。

 

 

亀頭包皮炎のラミシールより効く軟膏

 

亀頭包皮炎の原因菌には細菌とカンジダ菌が挙げられます。カンジダ菌は真菌というカビの一種なので普通の薬では治療する事はできません。カンジダ菌は真菌を殺菌する事が出来る抗真菌薬での治療となります。真菌を殺菌することができる薬としてラミシールが挙げられますが、この薬は水虫の薬なので敏感な粘膜である性器には使用しない方が良いと考えられます。中にはラミシールを使用して亀頭包皮炎が治ったという方がいますが、亀頭包皮炎の専用の薬ではないのでリスクが高いので専用の薬で治療することをおすすめします。カンジダ菌に効果がある薬は女性用の再発専用のものは市販で購入できますが、男性専用の薬は市販されていないため市販薬で治療をしようとは思わず専門の医療機関に受診する事が必要となります。カンジダ菌に効果のある軟膏は種類が多くあり、医療薬の効き目や症状には個人差があるため病院では状況に合わせて薬を処方してもらう事になります。カンジダ菌が原因の場合は抗真菌剤が配合された軟膏が使われ、細菌が原因の場合は抗生物質の内服薬と外用薬が治療に使われます。性器は敏感な粘膜なのでクリームよりも刺激の少ない軟膏の薬が使われる事が多くなっています。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎と呼ばれる病気をご存知ですか。
亀頭包皮炎は男性であれば誰でも発症する可能性がある病気で、特に不衛生な手で男性器を触りがちな子どもに多い病気です。
子どもが感染する亀頭包皮炎のほとんどは雑菌が原因ですので自然治癒で十分に完治する可能性が高いですが、大人が発症する亀頭包皮炎ではカンジダが原因で発症してしまうケースも少なくありません。
カンジダが原因で発症してしまう場合は自然治癒で完治する可能性はほとんどなく、真菌に有効的な薬などを使ってカンジダ菌を減らしていく必要があります。
特に性行為で感染するリスクが高く性病と誤解されて恥ずかしくて治療が遅れてしまう方も多いですが、カンジダ性亀頭包皮炎は性病ではなく真菌による感染症です。
特徴的な症状としては亀頭に斑点のような模様ができたり、白いカスのような物質が溜まってしまうなどが存在します。
症状をそのまま放置してしまうとカンジダ菌が繁殖してしまい、激しい痒みを伴い二次感染を引き起こす可能性が高いです。
症状が軽度の場合でも慢心せずにすぐに病院で調べてもらう事をおすすめします。
性病の中にも亀頭に様々な症状が出る病気が存在していますので、素人ではカンジダが原因なのかその他の病気が原因なのか判断する事は困難です。

 

 

亀頭包皮炎専用薬用石鹸

 

亀頭包皮炎を発症した場合、カンジダ菌が原因となり症状が出ている事があります。カンジダ菌は真菌というカビの一種なので普通の石鹸では洗い流す事はできません。亀頭包皮炎になったら性器を常に清潔にしておきたいと思いますが洗い過ぎてしまうと常在菌のみ洗い流してしまいカンジダ菌の増殖を招いてしまいます。そうならないために専用の薬用石鹸を使うことでカンジダ菌を洗い流すころができます。薬用の石鹸には抗真菌剤が含まれているためカビの一種であるカンジダにも効果が期待できます。そのためカンジダ性の亀頭包皮炎を発症した場合は普通のシャンプーなどでは洗わず専用のものを使うようにしましょう。この他に病院で処方してもらった薬を併用して使えば効果はさらに上がります。病院では抗真菌剤が含まれた軟膏を処方してくれるためシャワーなどで性器を清潔にした後は十分に乾燥させ軟膏を塗布しましょう。症状が治まったからと言って自分の判断で治療をやめてはいけません。症状が治まってもカンジダ菌は皮膚の奥まで根をはっているため治療をやめると再び症状があらわれるようになります。際再発させないためにも、医師から許可が出るまで治療を続ける事が必要です。

亀頭包皮炎の原因は雑菌だった?記事一覧

 

亀頭包皮炎の原因菌!子どもは「細菌」・大人は「カンジダ」亀頭包皮炎とは、様々な雑菌やカンジダ菌が亀頭や包皮に感染することにより起こる病気です。男性器は外気に晒されているので細菌が繁殖しづらい環境にありますが、包皮を清潔に保つのが難しい包茎だと細菌が増殖してしまう事があります。亀頭や包皮は性行為や洗浄、下着との擦れなどで目に見えない小さな傷ができ、そこに原因菌が根を張る事で菌が繁殖します。亀頭包皮炎...

 
 

亀頭包皮炎の定義亀頭包皮炎の定義とは性器の先端の亀頭部分と包皮部分に細菌が感染する病気です。原因となるのは細菌の他にカンジダ菌というカビの一種が感染する事によって引き起こされます。カンジダ菌の場合は性行為によって発症することもあるため性病というイメージをあります。しかし、性病によって感染する事は稀でほとんどの場合自家感染によって引き起こされるため、亀頭包皮炎は大人だけでなく子どもにも多い病気となり...

 
 

亀頭包皮炎の自然療法亀頭包皮炎の治療は、抗生物質を含む軟膏やクリーム、もしくは抗真菌タイプの軟膏やクリームを用いて行いますが、薬を試してみてもなかなか改善が見られないという場合もあります。このような場合は、薬ではなく自然療法という形で改善のアプローチをするという方法もあります。薬を試しても改善しないということは、体の内部に何かしら原因がある可能性がありますから、自然療法が効果的に作用する場合があり...

 
 

亀頭包皮炎は完治するの?亀頭包皮炎を完治させることは可能ですが、慢性化しやすい症状なので注意が必要です。亀頭包皮炎に悩まされている方の多くは、包茎であるケースが多いのです。仮性包茎の場合ですと、包皮をむいて亀頭を洗浄できるので、いつも亀頭を清潔に保てます。しかし、真性包茎だとむくことが難しいため、亀頭を洗浄することが困難です。洗浄できない亀頭は常に雑菌のたまり場となっており、炎症が起こりやすい状態...

 
 

亀頭包皮炎の検査方法亀頭包皮炎は、亀頭や包皮に小さい傷ができると雑菌が繁殖して、陰茎が赤くただれたり、痛みを感じることが多いです。包茎の人が罹りやすい病気で、女性との性行為の時にカンジダ菌などに感染して発症することもあります。大人の場合は、治りにくく、再発がしやすい傾向があります。亀頭包皮炎は病院で診察を受けると、特別な検査を受けることは少なく、医師による視診で判断されることが多いです。治りにくく...

 
 

男性のカンジダを病院で検査性器カンジダ症はカビである真菌に感染することによって発症する病気で、カンジダ症を引き起こすカビは私たち誰しもが、皮膚や口の中に持っている菌であるため普段は炎症を起こします。性行為などによって感染することもありますが、それ以外でも発症することも多く男性の場合にはマスターベーションなどで包皮に傷が入ってそれが引き金となって発症することもあります。男性が発症した場合の症状として...