MENU

カンジダ膣炎の自宅での措置

 

カンジダ膣炎は性交渉による性感染症にように考えられる人も多いようですが、それは間違った認識です。
元々体内に常駐しているカンジダという真菌(カビ)が、免疫力の低下や抗生物質の使用といったきっかけで増殖してしまうことで起こるのです。
つまり性交渉経験の経験がなくても、老人であってもカンジダ膣炎を発症する可能性はあるので、恥ずかしがらずに病院の診療を受けて欲しい病気です。

 

というのはカンジダは真菌、つまりカビであり市販薬のかゆみ止めでは効果がないどころか、物によっては悪化することもあります。カンジダの症状は白いおりものがとても増える、陰部の激しい痒み(悪化すると赤くただれることも)と非常に分かり易く、こういった症状が出た場合は病院で膣内に薬を入れてもらうと楽になるので、やはりまずは受診するべきです。

 

一度カンジダに罹患すると再発しやすいとも言われています。
薬で根気よく治療していくしかないのですが、自宅で予防的措置をとることもできます。
一番の原因である免疫力の低下を防ぐ生活習慣を守ることが何よりですが、その他にも注意して欲しいことは、

 

・おりものシートは使用しない
・ウォシュレットで頻繁に洗浄しない
・石鹸で陰部を洗わない

 

といったことです。カンジダ=カビと考えると蒸れた環境は格好の増殖の場といえます。おりものシートやナプキンは蒸れの原因になるので使用を控え、下着をこまめに交換するようにしましょう。
ウォシュレットも室内のバランスを壊すので使用しない方が良いとされています。
石鹸で清潔にしすぎるのも善玉菌まで殺すことになり、良くないようです。

 

 

 

カンジダ膣炎の治療方法:膣錠を使うカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎になった場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。放置しておくと、不妊の原因や、出産時に赤ちゃんに感染してしまう危険性もあるのです。
カンジダ膣炎の治療の方法は、膣内の洗浄を行い、カンジダを抑えるための抗真菌剤を膣の中に入れるだけです。膣錠の種類によって、1回入れると1週間の持続力があるものと、毎日自分で入れるものがあります。その際、薬が溶けてきて驚くこともありますが、それは薬が体温で溶けたためです。薬が溶けることでその成分を粘膜から吸収するのですが、体外に溶けてきたものは薬を膣錠の形にするための基剤と呼ばれるもののため、溶けて出てきても心配する必要はありません。膣錠の基剤は溶けて出てくるものだ、という前提で、おりものシートを使うなどの対策を行うようにしましょう。外陰部のかゆみがある場合には、抗真菌薬の塗り薬を使います。また、痛みがあって膣錠が入れられないという人は、リラックスして身体の力を抜く、お風呂上がりなどの濡れた状態で膣錠を入れるようにすると簡単に挿入することができます。それでも痛みがある場合には病院に相談すると、膣錠の挿入をスムーズにするゼリーの処方をしてもらえます。