MENU

抗真菌薬が有効!カンジダ膣炎

 

かゆみやおりものの異常が特徴のカンジダ膣炎は、免疫力が低下したことが原因で発症します。もともと膣内にいたカビの一種であるカンジダの原因となる菌が、免疫力が低下したことによって増えすぎてしまったことが原因です。そのため、治療としては膣内の洗浄と増えすぎてしまったカンジダの原因となる菌を殺菌することになります。そのために使われるのが抗真菌薬です。膣錠と言われる錠剤の薬を膣の中に挿入することで有効成分が吸収されて、カンジダの原因となる菌を殺菌することができるのです。痒みが強い場合や膣以外の場所にも症状がある場合には、外用薬も処方されます。病院に行って治療を行うことで、2週間ほどすると症状は改善されてきます。
かゆみがあるけれど病院に行くのが恥ずかしい、と、手持ちの痒み止めなどを使用しても、カンジダ膣炎には効果がありません。何よりも殺菌をすることが重要なためです。手持ちの痒み止めなどを使うと、その成分によっては逆にカンジダ膣炎の原因となる菌を増殖させてしまったり、免疫力を低下させて症状が悪化してしまう可能性もあります。自己判断を行わずに、病院に行って治療を行うようにすることが早く治すための方法です。

 

 

 

カンジダ膣炎の治療方法:外用薬を使う

 

女性に特有の疾患の1つにカンジダ膣炎があります。原因としては、カンジダ属という真菌の一種となるカビが、体調不良やストレスなどで免疫が低下することによって異常繁殖して引き起こすことがあります。カンジダが感染して炎症が起きた場合には膣や外陰部同時に発生することが多く、治療には婦人科での対処が必用になります。
カンジダ膣炎の治療方法としては、膣内洗浄による方法や膣錠を服用する方法、外用薬を使用する方法がありますが、医療施設などでは膣内洗浄後に膣錠を用いるところも多くあります。
外用薬を使用する場合には、注意する点としてはステイロイド系の軟膏や市販のかゆみ止めの薬は使用しないことが大切になり、必ず、症状に合った炎症を抑える効能がある外用薬を使用する必要があります。
通常、カンジダ膣炎で使用される外用薬としては、カンジダに対して抗菌力のあるものが使用されますが、特にイミダゾール系のものは、カンジダに対しても有効性が高く、第一選択薬となります。また、新しい薬として知られているネチコナゾールやケトコナゾール、ラノコナゾールは抗菌力が強化された薬となっており、多くは、軟膏やクリーム、また液体状の製品になっています。
使用をする場合には、軽く患部を洗ってら塗る方が効果を高めることができ、クリーム状の製品を使用することで刺激を抑えることができます。