カンジダ膣炎

MENU

シャワーなどで洗い流すのはNG!カンジダ膣炎

 

痒みやおりもの、時に痛みが襲ってくるカンジダ膣炎。「自分が清潔にしていなかったからだ」と、石鹸などでデリケートゾーンを洗いシャワーでしっかりと流す、ということをやっていませんか?これ、実はカンジダ膣炎を悪化させてしまう原因になっているかもしれません。
女性の膣の中には、乳酸菌が住み着いています。デーデルライン桿菌と言い、外部から入り込んできた悪玉菌や微生物を増殖するのを防いでくれています。この乳酸菌のせいで、女性の膣内は酸性に保たれているのです。しかし、カンジダ膣炎になるとかゆみが外陰部だけではなく膣内にも及ぶため、膣内までしっかりと洗い流してしまいがちです。しかしシャワーなどで洗い流すとデーデルライン桿菌が流れてしまい、膣内を酸性に保つことができなくなります。その結果、カンジダ膣炎を引き起こす菌の増殖を許してしまうのです。カンジダ膣炎は不潔だから発症するのではなく、もともと膣内にいる菌が、疲れやストレスなどによって免疫力が低下した隙に増殖してしまっただけの事です。石鹸の付いた指で膣の中まで洗ったり、シャワーで洗い流す必要はありません。特に膣内などの粘膜部分は洗い流さないようにするようにしましょう。

 

 

石けんを使って洗うのはNG!カンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎にかかっている場合、デリケートゾーンを清潔にするため、お風呂の時にきれいに洗う人がほとんどです。また、おりものの量が増え、においも多少なりとも出ますので、においもろともきれいにしたいと思う人は多いです。
しかし、カンジダ膣炎の場合、石けんは使わない方が良いです。普通の石けんは、菌を滑り落とし洗い流す役割があります。除菌効果のあるものは、殺菌作用があります。カンジダ膣炎は真菌による疾患なので、菌を無くすために、石けんを使う方が良いと考えがちですが、良い働きをする常在菌まで一緒に洗い流してしまうことになりますので、おすすめできません。膣内には自浄作用があり、清潔に保つことができるようになっています。わざわざ強い洗浄剤を使う必要はありません。湯舟に浸かっているだけでも十分ですし、どうしても洗いたい場合は、シャワーのお湯で軽くすすぐ程度にしておきましょう。
においは、おりものが下着やおりものシートなどでムレて発生していることもあります。通気性の良いものに変えるか、こまめに取り替えるだけでも大きく差が出ます。また、真菌は菌を洗い流すだけでは効果はありません。婦人科を受診して、抗生物質を処方してもらう必要があります。

 

過剰に洗いすぎるのはNG!カンジダ膣炎

 

 

カンジダ膣炎は局部を過剰に洗いすぎることによって起きる膣の炎症です。
性交の後、匂いが気になって、パートナーに対して恥をかかないように、恥をかきたくないために、また、局部を綺麗に清潔に保ちたいがためにかかってしまうのです。
カンジダ膣炎にかかると、局部からカッテージチーズのようなおりものが出て、下着を汚し止まらなくなります。ヒリヒリとした痛みも伴います。自然治癒はしません。生理用ナプキンをあてがうだけでは根本的な解決になりません。病院で指定された薬を使わない限り治らないのです。
カンジダ膣炎は膣の洗浄のし過ぎで起こります。「洗剤とうがい薬を混ぜて局部を洗う」「不特定多数の男性とセックスをする」「体調が弱まっている」「膣内洗浄液を週1以上の間隔で使い続けてしまった」「生理中もセックスしようとして膣に海綿を入れた際、取り出せなくなってシャワーの水圧で取り出そうとした」これらが続いて、膣を酷使してしまうと、かかりやすい体質になってしまいます。
過剰な洗いすぎによる体の他の部位の知覚過敏は、食品工場の製造ラインでも起こっています。「ラインに出る前は洗剤とうがい薬を混ぜて手を10回以上洗うこと」皮肉な話ですが、これを真面目に守ってしまうと知覚過敏を起こしてしまいます。

シャワーなどで洗い流すのはNG!カンジダ膣炎記事一覧

 

口腔カンジダの存在に気づいて早めの治療を実践すべき口腔カンジダが出現しているということは、体の抵抗力が落ちているとみなすべきです。その理由はさまざまですが、薬を服用している場合には、それが原因となっている可能性があります。また、基礎疾患が基盤となっているのであれば、そちらの治療を優先しながら症状の改善を確認していくという方法もあるのです。口腔カンジダは見た目にも健常ではないということがわかる症状を...

 
 

爪にもできるカンジダつい先日、カンジダができてしまいました。 でも、別に大事な部分にできてしまったというわけではないんですよ。 じゃあ何処にできてしまったのか。 なんと、爪にできてしまったんです。 足の爪なのですが、ここ数日なんかかゆいなとずっと思っていたんですよ。 で、もしかして水虫か?と思いまして、すぐに病院に行ったんです。 水虫だって十分嫌ですからね。 でも、いざ診察を受けてみて出てきた診断...

 
 

衛生環境を考えた口腔カンジダのケアを実践する口腔カンジダの症状は、痛みや痒みを感じることなく、舌や口の中全体に白い糊のようなものが付着することで発見されます。耳鼻咽喉科に受診して検査を行うことによって、カンジダ菌の存在がすぐにわかります。検査した結果、カンジダ菌が存在する場合には、抗真菌薬を利用しながら症状の改善を図ります。しかし、最近は市販薬でも効果の高いものが販売されており、インターネットを利...

 
 

カンジダ膣炎の自宅での措置カンジダ膣炎は性交渉による性感染症にように考えられる人も多いようですが、それは間違った認識です。元々体内に常駐しているカンジダという真菌(カビ)が、免疫力の低下や抗生物質の使用といったきっかけで増殖してしまうことで起こるのです。つまり性交渉経験の経験がなくても、老人であってもカンジダ膣炎を発症する可能性はあるので、恥ずかしがらずに病院の診療を受けて欲しい病気です。というの...

 
 

抗真菌薬が有効!カンジダ膣炎かゆみやおりものの異常が特徴のカンジダ膣炎は、免疫力が低下したことが原因で発症します。もともと膣内にいたカビの一種であるカンジダの原因となる菌が、免疫力が低下したことによって増えすぎてしまったことが原因です。そのため、治療としては膣内の洗浄と増えすぎてしまったカンジダの原因となる菌を殺菌することになります。そのために使われるのが抗真菌薬です。膣錠と言われる錠剤の薬を膣の...